TOKYO SARU CLUB VOL.134 - Making of TokyoTribe

23:00

香港の雜誌 MILK MAGAZINEで
連載していたぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版

過去にさかのぼっての
アーカイブ版をお届けしていきたいと思います!

今回は134回目!

※この記事は2013年6月に雑誌掲載されたものです。


(画像クリックで大きく表示されます)



※この記事は2013年6月に雑誌掲載されたものです。


MAKING OF TOKYO TRIBE


今回の「TOKYO SARU CLUB」は、三太さんの代表作"TOKYO TRIBE"シリーズの1作目
"TOKYO TRIBE"のネタ元や、昔の資料写真を大公開!!
"TOKYO TRIBE"が作られたのは1993年、ということで20年前の三太さんや、
渋谷など街の様子もご紹介ますので、タイムスリップ気分でお楽しみください♪



こちらは作画資料用に撮った写真たち。その当時、漫画家の松本 大洋さん、永福 一世さんと
協力し合いながら、こういう写真を撮っていた。写真が歪んでいるのは、松本大洋さんが
当時持っていた、ハーフ魚眼レンズのカメラを使用しているため。
実際の漫画のコマでは、ブーツがより大きく描かれていたり、より三太さんの画風に
昇華されているのが分かる。ハンサムと評判の、若かりし頃の三太さんにも注目!



モノクロの写真は、20年前に三太さんが撮った渋谷、お台場の写真。
渋谷のスクランブル交差点は、名物の建物"Q-FRONT"が当時は無いというのが
大きく変わったところ。お台場に至っては、当時は観光名所とはほど遠い、
球体が目印のフジTVの建物もきれいなモールも何も無い、ただの埋立地だった。



"TOKYO TRIBE"シリーズに通して出てくるキャラ、シンヂュクHANDSの巌。
その巌の目の下のトゲトゲメイクは、スタンリー・キューブリックの映画
「時計仕掛けのオレンジ」の主人公 Alexのメイクからきている。
Alexは片目だけだが、巌は両目にトゲトゲメイクが。
そして、"TOKYO TRIBE"のクラブジェンナの内装は、
同じく 「時計仕掛けのオレンジ」に出てくるミルク・バーを参考にしたもの。



"TOKYO TRIBE"はシブヤ暴動の最中、ラストに主人公 渚とフジヲが
江ノ島の海を目指す。果たして2人は海に出られただろうかというところが、
若者の青春の出口となぞらえてあり、"TOKYO TRIBE"シリーズは
それぞれの主人公が、渚、海、港と海関連の名前が付けられている。
フランシス・フォード・コッポラ監督の映画「rumble fish」もそんな、
若者の青春を描いた、海に出られるのかというのをテーマにした青春映画の名作だ。



こちらは過去にリリースされた"TOKYO TRIBE"単行本。右の紫の本が93年に
最初に出版された"TOKYO TRIBE"。それから布張りの豪華版などを経て、
今のSANTASTIC!で出版している、チョコチップ迷彩布張りの"TOKYO TRIBE"に至る。
最初の出版から20年経った今も変わらず、ギラギラと魅力を放っている名作が
"TOKYO TRIBE"だ!! 購入は渋谷のSANTASTIC!ショップやウェブ、Amazonから。




今号で紹介した話し以外にも色んなネタ元、裏話や昔の資料写真などを三太さんが紹介している、SANTASTIC!TV、是非YouTubeでチェック!!






「TOKYO TRIBE」単行本はこちらから




「TOKYO TRIBE3」単行本はこちらから



You Might Also Like

0 コメント