TOKYO SARU CLUB VOL.202

13:00

香港で
毎週連載しているぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版

毎週水曜には過去にさかのぼっての
アーカイブ版をお届けしていきたいと思います!

今回は202回目!

(画像クリックで大きく表示されます)



※この記事は2014年9月に雑誌掲載されたものです。


WHAT'S I BOUGHT IN L.A. Vol.3
井上三太がL.A.で買ったものたち


今回の「TOKYO SARU CLUB」は、三太さんがL.A.で買ってきたガジェットたちを紹介する第3弾!!
今回は三太さんがいつもL.A.に行くとまるで業者の買い付けかのように大量買いする
映画のBlu-rayを中心にお届けします!!


① CRAB MONSTERS, TEENAGE CAVEMAN and CANDY STRIPE NURSES
B級映画の帝王?ROGER CORMANの本。非常に丁寧に作られた一冊です。
図版も多く資料的な価値も十分!いい本買ったなあ~!

② 「JERRY MAGUIRE」
大、大好きな映画!かなり生涯No.1 あまりにも好きな映画なのでBlu-Rayを買ってみた。
やはりBlu-Rayのツルっとした綺麗な映像がなんとも気持ちいいんだよなあw

③ 「BAD GRANDPA」
これはSpike Jonzeも関わっているJackAssシリーズのSpin off?といったらいんでしょうか?
より脚本、、というかドラマ性が加味した感じです。
ちょいと感動的な側面はありますが、やはりクレージーです

④ 「PAIN&GAIN」
マイケル・ベイ監督は過小評価されている側面があると思う。今作ではベイ監督が
トランスフォーマーではやれなかった事をフルスロットルでやっている感がある。
そして色のなんと鮮やかなこと!

⑤ 「JACKIE BROWN」
タランティーノの中では最高!、、じゃないんだけど、、ニクめないよね。soulfulだし。
劇中に出てくるデルアモショッピングモールはLAでぼくが定宿にしているとこの
横にあるんで親しみがわくゼ!

⑥「about last night」
アメリカでBlu-rayを買う場合なるべく日本で売っていないもの、もしくはまだ出ていない物を買いたい。
黒人映画というのもあまり入ってこないジャンルなんだけど、僕は凄くみたい。
About last nightというのはその昔同じタイトルの映画があったので、
その焼き直しかチェックしてみたいと思います。面白そうな黒人ラブコメディだと思う。

You Might Also Like

0 コメント