TOKYO SARU CLUB VOL.214

15:29

香港で
毎週連載しているぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版

毎週水曜には過去にさかのぼっての
アーカイブ版をお届けしていきたいと思います!

今回は214回目!

(画像クリックで大きく表示されます)


※この記事は2014年12月に雑誌掲載されたものです。



BallPointPen Collection


今回は前回の続きでボールペン特集の第二弾。それにしても
いろんなボールペンが世の中にあるもんですね~。。
ぼく自身もSantastic!でいろんな面白ボールペンを作ろうと
思っているんですが、、なかなかカンタンじゃないんですよね~(>_<)
だからこういった趣のあるボールペンを目にするたびに
作った人たちのガッツと例えば、ディズニーのような企業の
大きさを痛感します(笑)
井上三太


①恐竜のボールペン
この恐竜のはどこで買ったんだっけかな?10年くらい前だと思うんだけど、
上野の恐竜の標本を常設している博物館だったような気がしています。
これはレバーを引くと恐竜の骨に連鎖して首がおじぎするんですけど、
すごい凝った作りです。これを作ってみたいんだけど、、いまだにどうやって
作ったらいいかがわからない(笑)


②スフィンクスのボールペン
これは横浜あたりで買った記憶が(笑) やっぱりエジプト展をやっていた
博物館でのお土産だったと思う。スフィンクス物も収集したくなるんですよねえ。。。


③UCLAのボールペン
UCLAのペンは、アメリカはLAのUCLAの校内の購買部で買いました。
ここ楽しいんですよね~♪
このボールペンも凝っていて、カチっと押すと横からいろんな文言が
クルクル出てきます。
ギミックがあるペンって面白いですね~


④「レミーのおいしいレストラン」の映写機ボールペン
これはPIXAR映画『レミーのおいしいレストラン』公開時に映画館で買ったもの。
上の部分が映写機というかプロジェクターになっていて
光るが出て、レミーのフィルムを壁等に映すことが出来るんです。
なかなか鮮明に写るんですよ。カットは4種類ぐらいだったと思います~

You Might Also Like

0 コメント