TOKYO SARU CLUB VOL.219

12:00

香港で
毎週連載しているぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版

毎週水曜には過去にさかのぼっての
アーカイブ版をお届けしていきたいと思います!

今回は219回目!

(画像クリックで大きく表示されます)


※この記事は昨年2月に雑誌掲載されたものです。



SANTA's 2014 BEST 10 MOVIES


今回の「TOKYO SARU CLUB」は、毎年恒例 三太さんの選ぶ映画ベスト10 2014年版!!
昨年は自身の原作映画「TOKYO TRIBE」も上映され、香港でも上映&DVD販売されました。
皆様の2014年 映画ベスト10はどんな作品がランクインしてるでしょうか?
三太さんのベスト10と比べてみてくださいね。



「Interstellar」は娘を想うと泣ける。「Wolf of Wall Street」はグッドフェローズの調子が
戻ってきて嬉しい。僕の中での2014年ベスト男優はマシュー・マコノヒー。「MUD」といい、
彼が出ている映画にハズレはないよね。
役者が映画撮る時、ちょっとは「知的と思われたい」というのが一切混入されていないのが
清々しい「Don Jon」。
「Pain & Gain」マイケル・ベイ監督は本当はこんなの撮りたかったんだなあ!色が綺麗!

井上三太



①TOKYO TRIBE

②INTERSTELLAR

③THE WOLF OF WALL STREET

④DON JON

⑤her

⑥GONE GIRL

⑦PAIN & GAIN

⑧GET ON UP

⑨SEX TAPE

⑩THE LEGO MOVIE

You Might Also Like

0 コメント