TOKYO SARU CLUB VOL.294

13:33

香港で
毎週連載しているぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版。

今回は294回目!


(↓画像クリックで拡大できます)、、が
同じ文章が下に書いてありますので、そちらが
読みやすいですよ!♪




Flava of da Week

今週は最近読んでいる漫画の話をしたいと思います。
最近は小林まことさんの昔の漫画を読むのにハマっています。


1 『ヘバ!ハローちゃん』
なんとなく「ハロー!ヘバちゃん」と言ってしまいそうになるんですが、逆です。
田舎から東京に出て来たグラマラスな女子大生ハローちゃんが田舎の
ボーイフレンドとの約束で処女を守り通すと決めたのですが、銀座のクラブに
働き出していろんな猛者が口説きにかかる漫画です。小林さんの代表作である
『1、2の三四郎』とか『柔道部物語』といった男臭い作品と違って女の子が主演の
セクシー漫画です。バブルの匂いも作品のそこかしこにプンプンと匂っていて
著者自身もクラブ遊びを楽しみながら描いたであろうことが想像出来る。
また緻密な背景とリアルな人間のデッサンが素敵です。この絵はモデルで
写真撮影をしないと描けないものだと思うので、そこの苦労とか政治力にも
舌を巻きます。比較的気楽に読める傑作です。


2『天国への階段』
こちらは連載時のタイトルが『ちちょんまんち』。絶対こっちの方がいい!
、、が何か問題でも起きての改題だったのであろうか?こちらはへばちゃんでの
テーマをさらに押し進めたエロティックな世界観。こちらの絵ものびのびと
エロくて素晴らしい。十分な大御所であることに異論はないだろうが、
もっともっと評価されてもいい作家だと思っています。


3『I amマッコイ』
ひさびさに買いそろえた今作。まだ読んでないのである(笑)
早く読みたいです~~。幸せ。



4 AT-AT
先日新宿のビックロをブラブラしていたら見つけたトミカのAT-AT。
Star Warsで大好きなデザインのメカ。ミニミニサイズになって手乗りになった。
机の上に置いて、仕事が煮詰まった時に愛でたいと思います。。

You Might Also Like

0 コメント