TOKYO SARU CLUB VOL.292

18:00

香港で
毎週連載しているぼくのコラム
TOKYO SARU CLUBの日本語版。

今回は292回目!


(↓画像クリックで拡大できます)、、が
同じ文章が下に書いてありますので、そちらが
読みやすいですよ!♪




FLAVA OF DA WEEK



1
「Point Break」
1991年に当時ジェームズ・キャメロンの奥方だったキャスリン・ビグローがメガホンを取った
パトリック・スウェイジとキアヌ・リーブス主演のクライム アクション映画。これが2015年に
リメイクされました。原題はそのままなんですが日本題は『X-ミッション』。主人公の名前が
変わらずジョニー・ユタだったので、気がつくことができました。そうじゃないとあまりの改題で、、。
最近の流行のGoProを装着してのエクストリームスポーツ動画を主人公がやっていたり、
パーティーはEDMが流れています。それにしても映像が綺麗。画角が凄く広いので
I-MAXカメラでの撮影なんでしょうね。海中もすごく綺麗で、、というかどのシーンも
色彩が凄く鮮やかです。観ていて気持ちがいいです。これはDVDで観ました。
Blu-Rayで観た方が綺麗だろうなぁ~、、というか劇場がベストかw



「BURNT」
去年観た『シェフ』という料理映画が人間ドラマとしても最高でした。このBURNT、
邦題は『2つ星の料理人』。ブラッドリー・クーパー主演でお仕事映画としてなかなか
面白かったです。主人公のシェフなかなか感情コントロール出来ずキレやすいのですが、
そこらへんの成長劇がみれて勉強になりました。この映画も光、映像、すごく綺麗でした。
何気ない部屋の壁にかけられたフライパンや窓外からの自然光の美しさ。
実に雄弁に物語っている絵作りでした。



「クリーピー 偽りの隣人」
ショッピングモールに行った時に奇跡的に時間が合ったのでふらっと観ましたがいい作品でした。
黒沢清の不穏な演出が映画全編を覆っていて実に不気味です。韓国映画からの影響も
大きい気がしました。警察が無能だという描写も。怖いけどホラー映画ではないというのも
見やすくっていいですね


4
渋谷のPARCOがあと数日で43年の歴史に一旦幕をひきます。三年後に復活するらしいです。
で、地下にあるbook centerに行ったら洋書のバーゲンやってました。
最大70%offだったのでこの二冊を買いました。
二冊とも非常にクリエイティビティーを刺激します~♪


5
SANTASTIC! x げんべい ビーチサンダル
神奈川県葉山に店を構える国産ビーチサンダル専門店「げんべい」とのコラボビーチサンダル。
日本人の足にフィットするように追求された履き心地抜群のビーチサンダルです。シンプルに
定番のSARUロゴをターゲットBAT SARU、げんべいのロゴマークを落とし込んだシンプルデザイン。
サイズは24cm(レディース)と27cm(メンズ)の2サイズ展開。


6
ショップで配布するTT2 海のカードです。こちらは渋谷のSANTASTIC!ショップでのみ配布される
カードなので是非ショップに足を運んで下さい。ランクアップ式のカードになってまして、
海以外にも他のキャラのカードがあと3種類あるので全部コンプリートして下さい!!

You Might Also Like

0 コメント