映画『はじまりのうた』のサントラについて

4:06

映画『はじまりのうた』は
映画館で一人で観たんですが、夕方観終わって
すごく感動して
これは100点の映画だ!と思っていたら
大根さん監督から連絡がきて
、合流したら
監督はトーキョーナンバーワンsoulsetの川辺くんと呑んでたとこで、
今日みた映画の話をしたら
川辺君が、同じ監督で、前作がOneceっていうんだけど、
そっちも素晴らしいよって教えてくれたんですよね
監督もOnceは川辺君に教えてもらってみてたらしく、
やっぱり凄く気に入ってました


そいで先日begin again(これ原題です)の
ブルーレイを観終わったら
非常にサントラをまた聴きたくなって
探したんだけど、、どこにも見当たらなかったんだけど、

さっきふとCDラックの裏に落ちてたりしてと思って
手を入れてみたらビンゴでした。

サントラは映画館で買ったので日本盤でした。
その中の解説を読んでみて、、
劇中の曲はすべてグレッグ・アレクサンダーという人が
作曲、プロデュースしていることがわかりました。

劇中の曲のPOPセンスが素晴らしいと思っていたので、、
出演もしているマルーン5のアダム・レヴィーンが作ったのかな?と思って
マルーン5というバンドの曲を数曲聴いてみたんだけど、
どうも手触りが違うな、、と思っていたんで
氷解しました。

このグレッグ・アレクサンダーという人はニュー・ラディカルズというバンドを
やっていたという事がわかったので
今度はこのバンドのことをしらべてみたら
このブログにたどり着きました

なるほど〜
この感じだ!



というわけで
ニュー・ラディカルズというバンドが世に出した唯一の
アルバムを聴いてみたいと思っています

amazonのカスタマレビューみるとやっぱりこんな事
書いてありますね〜♪

『はじまりのうた』サントラとニコイチで持っていたいポップス名盤です。

楽しみ♪

それにしても
才能ある人って
まだまだいっぱいいるんですね〜

この人が
映画のテーマ(メジャーとマイナーについて)とダブる生き方をしていそうで
気になります。

You Might Also Like

0 コメント