神宮花火大会

16:13

花火大会に行きたい

というのはここ近年の
わたしの願いであったが、、
なかなか叶わないで夏の終わりを
迎えていた

なぜ行けなかったのか、、を語りだすと
「出来ない言い訳をするな」と日頃
スタッフの尻をひっぱたいているわたしの
ビジネス理念に反してくるので、、
なかなかに、、人間 矛盾をはらんだ生き物だと
我ながら恥ずかしいです

さて、19:30から始まる神宮の花火大会を一目
遠方からでも見ようと私はスタッフのSugar Thing,H2をさそい
事務所の屋上へ上がる事にした。

そこからは遠方ながらも見事に空中に咲く夜の華を確認することができた、、

しかし
わたしの中のリビドーが(彼自身がアメリカ人であるなら)
Can't stop,Won't stop!

と言っている気がしたので、、

お盆休みを間近にひかえ
忙しいスタッフたちに
無理を言って
もっと身近で花火を見たいという
私の欲望に付き合ってもらうことにした。

私たち三人はタクシーに飛び乗り
原宿駅を通過しての、千駄ヶ谷方面を目指した

車中のクーラーに涼みつつ
空に上がり続ける花火を眺めた

ロンハーマンカフェあたりで車の列はピタリと止まってしまったので
我々はタクシーを降りた

計画通りであった。

道路の両側を埋める人々の波が
花火ビュースポットであることを
証明していた。。

沿道の人々を横に
私たちは
一軒のコーヒーショップをめざした

フランス人と日本人のハーフ美人、
ナタリーがやっているコーヒーショップに
仲間達が集っていることをわたしは知っていた、、

左手に上がり続ける花火を眺めつつ
コーヒーショップにたどりついたら
予想通り沢山の仲間達が集っていたが
、予想外のうれしい再会もあった。

数年前LAでハングアウトした香港のトップアクターとの再会

彼とはカリフォルニアのフリーウェイを飛ばして
Wu-Tang Clanの総帥RZAの自宅に遊びに行ったのは
今となっては
いい思い出だ。。。

そんなレミニスが私の脳内を去来している時
レプリカントであるかもしれないわたし自身の脳は
電子羊の夢を見ていた。。。

まるで人生はでっかい花火のようだと
うそぶくかのように、、、

You Might Also Like

0 コメント