創作の苦しみ(>_<)

2:34

7/7発売の
別冊ヤングチャンピオンで
『TOKYO TRIBE WARU』という
漫画をスタートさせます!

WARUいヤツばっかり出てくる

TOKYOTRIBEだから

TOKYOTRIBE WARU

ぜひ読んでいただいて
感想を聞かせてくださいね!

さて2話目まで原稿を完成させているので
ただいま3話目を絶賛悩み中で考えています。。

「作品のテーマは何か?」
「この作品で何が言いたいのか?」
というのが大事だとよく世間では言われていますが、
そこからお話を建設してゆくと
「説教くさい」話になりがち、、、かもしれません(笑)

「言いたいこと」というのはすなわち
その作者の日々思う事であったり、
哲学であったりするのだが、、

例えば、友人にひどく裏切られた!

みたいな体験があれば
それをベースに「言いたい事」が産まれ
ストーリーが浮かぶかもしれません

ただそうそう、ドラマティックな出来事が
作者の身に降り掛かるわけではないのです。

でも、かといって何も起きないわけでもないのです。

確実に誰の人生にも「何か」が起き続けている訳で
、それらをどのように
感じ、どの角度から眺めて、
「面白い話」にしてゆくのかは
、その作者の手腕にかかっているわけで、、

だからこそ
ぼくが今ウンウンうなっている訳で(笑)

なにかが脳内でスパークしないかな?と
期待しながら映画とかをみているワケで、、

「何か」がスパークすれば
それがフックになって
「面白い話」になる可能性が高まる訳で、、

その「何か」がスパークしないでも
長年の手癖でそこそこは面白い話を作れそうな
気はするけど、
「そこそこ面白い話」だとあまり嬉しくないので
やはりそこは
「すごく面白い話」を作りたいわけで、、

そうなるとなかなか
おいそれと降りてくる
しろものではないので

ウンウンうなり続けるしかないので
あります



You Might Also Like

0 コメント