Good Vibrations

19:09

俳優のジョセフ・ゴードン・レヴィットの
脚本、監督作
面白そうです



最後に車中で唄っている歌は


Marky Mark And The Funky Bunchの
good vibrations


Marky Markって実は俳優のマーク・ウォルバーグなんです。
Tedとかでおなじみの。ぼくは彼の極大射程なんて映画好きですが。

彼の兄が当時絶大な人気の白人アイドルグループのメンバーだったのですが、
弟の彼はラッパーとしてデビューしてこの曲をヒットさせました。

黒人の女性ボーカル(太っている風?)が豪快に入っているのは
当時の流行ですね。

ハウスとHIPHOPが接近してHIP HOUSEとか
そうな名称ありました。。

You Might Also Like

0 コメント